Rootageでもアリーナモード開始!チャットコメントなど新機能も搭載!
2019.02.09 (Sat)
arena_punico.jpg


前作『CANNON BALLERS』で初登場した、
リアルタイムのオンライン対戦・ARENA(アリーナ)モード
公式大会「The 8th KAC」も終わって
今作『Rootage』でも2月7日(木)から搭載されました。

アリーナクラスに関しては前作ギリギリA3でとどまってたのが
今作初アリーナではA4になってました。
今回は全員B2スタートとかではなくある程度前作のデータを引き継がれてる?
DJ POINTとかも影響して再計算されてるのかな。



今作からの新機能

マッチング時間切れ後にタイムフリーへ移行



arena_timefree.jpg


制限時間内に1人もマッチングしない場合はTIME FREEモードへ移行可能に。
100円プレイの場合は5分でした。割と急いでやらないと2曲しかプレイできなかったw

チャットコメント



arena_chat.jpg

ボルテやQMAなどの定型文ではなく
ギタドラのようにサイトで設定したコメントが飛ばせる自由形式。
下ネタや差別用語は毎度のごとくNGワードにされてるっぽい。


各プレイヤーのオプション表示



arena_option.jpg

8thKACでお披露目されたオプション表示機能。
曲によって正規だったりS-RANDOM推奨な譜面もあるので
実戦で学べるのはありがたい。


ハイスピード機能変更による対応が必要

arena_gradius.jpg

前作「CANNON BALLERS」まであった旧ハイスピード機能が
今作「Rootage」では刷新され、「BPMが変わる直前にハイスピを1段階落としておく」
という対策が通用しなくなりました。

FHS(フローティングハイスピード)で対策できる曲はともかく、
GRADIUS -FULL SPEED-など細かく変化がある曲は
個別で緻密な計算が必要になりそう…?

Rootageで追加された新HSオプションの使い方解説【beatmania IIDX】 - HY Techs

事故率が高くなったためか
ソフラン曲は前作より飛んでくる頻度は下がった印象です。


今回よく飛んできた曲

たまにランカーともマッチングしながらA4~A5帯をウロウロ。

Level One



今作の新曲では譜面の癖の強さもあり、これは鉄板?
正規ミラーで対策した方が良かったりしそう。

Golden Palm†



ズレハネ譜面好きのプレイヤーではお約束になりつつある。
もうギリAAA出したぐらいではなかなか1位取れなくなってる…w

POSSESSION、Snakey Kung-fu



KACの影響か? トップランカーが投げてた曲も何度か見受けられました。
ポゼッションは…やっぱりギアチェンした方がいいんかなあ。


初週の土日は魔界

KAC出場者でもA3とかA4とかに配置されてる人もいるっぽい?
アリーナ開始直後はまだ玉石混交なカオス空間だと思うので
勝敗気にするのはほどほどに、飛んできた曲を学ぶという心持ちでやろうかなと思います。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事編集23:47 |

BEMANI情報

|
コメント:(0)
| Top↑
コメント
コメントを投稿する
コメント
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック