PC版ボルテ専用コントローラ(エントリーモデル)買いました
2020.04.29 (Wed)
borute_entry.jpg

PCクラウド(コナステ)版・SOUND VOLTEXの
専用コントローラ・エントリーモデルを買いましたので雑感。



大きさ・重さ



sdvx_entry_iidx_202004291901038b8.jpg

先に発売されたbeatmaniaIIDX INFINITAS専用コントローラ
エントリーモデルとの比較。大きさ・寸法はほぼ同じ。
重さは約2kgと見た目に反して想像以上に軽いです。
余裕もって片手で持てます。

ただその分連打やつまみが激しい曲をやると揺れて
専コンそのものがズレやすいので滑り止めなどの固定が必要。


ボタン



●BT(白鍵盤)ボタン

sdvx_entry_bt.jpg

めちゃくちゃ重いです。
IIDXでも50/60gなど重めの鍵盤が好きな僕でも
重くて押し切るのが大変だと思うぐらい重いです。
アーケード筐体でいうところの100gボタン…いやそれ以上の感覚。

比較的軽めだったIIDX INFINITASのエントリーモデルが
使用1ヶ月も経たないうちに鍵盤埋まったので
それを考えれば埋まって使い物にならないよりは
重くても埋まらない方が個人的にはマシかな…?w

ちなみにアーケードではLV18ほぼ全部AA以上の後光或帝滅斗でしたが
この鍵盤でやったらLV16でも普通に死にました。
使ってるうちにボルテで使ったことのない筋肉がつき始めたのが感覚としてある。
多分この筋肉を使わないようにするこの専コン専用の押し方があるんだろう…w
ちょっとずつ練習することでLV19もなんとかクリア出来るようにはなりました。


●FX(黒鍵盤)ボタン

sdvx_entry_fx.jpg

大きさ・重さ・色すべてINFINITASエントリーモデルとほぼ同じです。
真っ先にボタン埋まるとしたらここですがまた経過報告したいと思います。


つまみ



sdvx_entry_tumami.jpg

アルミでなくプラスチック製でかなりちゃっちいですが
現時点ではプレーに問題なし。
初期状態から左右でつまみの軽さ、回した時の感覚が
若干違ってはいましたが普通にプレーする分には違和感はなし。

ただもちろんアーケードとは違うので
ちゃんと反応する回し方をするには多少の慣れが必要。
ハイエナ回しも意識しないと完全には繋がらない。


その他



選曲画面や実際の楽曲プレー中など場面に関わらず
頻繁にコントローラが認識しないことがありました。

その場でコード抜き差ししたら瞬時に認識こそすれど、
レギュラーコースでチケット消費して遊んでる最中に
無反応になると相当萎える…。(実害はまだ無いものの)

sdvx_entry_husen.jpg

縦連打を押すことによる振動でコードの接触が悪くなってる可能性もあるので
専コンを置いてる台からコードの高さまでの間に
何か挟んでコードが揺れないようにしてます。
効果があるかは分からないけど今できる対策として…w


【音ゲー漫画】PC版SOUND VOLTEXやってみた



【音ゲー漫画】PC版SOUND VOLTEXやってみた

【音ゲー漫画】PC版SOUND VOLTEXやってみた


pixivFANBOXで専コン触ってみたレポート的な漫画を公開してます!


YouTube配信アーカイブ







エントリーモデルのプレー感とか感じていただければ。
ボルテの配信は初めてなので今回は初代(BOOTH)曲を中心に。


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
記事編集19:25 |

家庭用音楽ゲーム

|
コメント:(0)
| Top↑
コメント
コメントを投稿する
コメント
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック